磁北125度

年越し寒波襲来で初日の出拝めず。天気には恵まれない一年を暗示するのか?

年越し寒波襲来で初日の出拝めず。天気に恵まれない一年を暗示するのか?

2015年元旦の日の出の方位である。時刻は07:04。この情報を元に今年は河内長野市の岩湧山を訪ねる事にした。昨年は神戸の菊水山、一昨年は金剛山、今年は海にしようと室戸岬を予定していたのだが、ちょっと事情があって近場に変更した。結果的にそれが良かったのか、悪かったのか判らないが、残念ながら初日の出を拝む事は出来なかった。大晦日は暖かく、天気も最高やっただけに、年越し寒波にはムカつきまくりである。

岩湧山への登山道を地図で調べると、岩湧寺からきゅうさかの道を取るルートが最短で、1.7km程度、これなら1時間もあれば十分かと言う算段で登山開始時刻を6時前に設定。そこから時間を逆算して4:20頃に自宅を出発。法師殿宅を経て駐車場のある四季彩館の駐車場に着いたのが5:20頃か。

真っ暗けの中、ごそごそ準備を済ませ、さぁ、出発となったが、頭の中にある現在位置とGPSが示す現在位置、すこし移動した時に移動方向を示すGPSの矢印の関係がバラバラでどっちへ進んで良いのか判らない。周りは真っ暗け、その上老眼、ヘタにGPSなどを持っていたばっかりにウロウロしたが、結局「いわわき」とあったか、「いにしえ」とあったかは忘れたが、駐車場の近くにあった入り口から登山開始。

道端にある標識に注意しながら、頭の中では「何処に居てるんや」と言う思いを巡らせながら、そこそこきつい道を暫く登ると、お寺らしきところに到着。「んんっ、ここが岩湧寺ですか?」頭の中では駐車したところと岩湧寺とはほとんど隣接しているイメージがあっただけに…。そして、さらに少し進むと舗装道が現れ、参拝者用の駐車場が…。

GPSに登録した登山ルートはこの岩湧寺の少し先からスタートしているきゅうさかの道。これで現在位置が判らないと言うもやもやは解消したが、四季彩館のサイトで公開されていた画地図への不満がふつふつと…。

それはともかく、ここからは想定したルートで山頂を目指すことに。ところが、その名の通り、思ったより上り坂がきつい。大半が階段状になっており、且つ一段の高さがそこそこ高い。出だしで時間ロス、体力ロスをした事もあるが、途中で東の空が白み始めてきた。こら日の出に間に合わんなぁ…と思いつつ重い足を進めるとようやく稜線沿いに走るダイヤモンドトレールと合流。なんとか日の出には間に合いました。

しかし、残念な事に空一面に分厚い雲が…。北方に広がる大阪平野には日の差しているところもあるようにも見えるが、基本的には今にも降りだしそうな雲に覆われている。東の方も見ても空の高いところには晴れ間も望めるが、地平線方向は雲、雲、雲、雲、雲、雲…。

これではどう考えても日の出を拝む事は不可能である。風もきついし、三脚を出すのも鬱陶しいし、、惨敗の記録を手持ちでパシャっと撮って2015年度初日の出遥拝は終了。三脚、交換レンズなど7kg程度の荷物を持って上がって来たのは何やったのか…。今年も天候に恵まれない一年を暗示するような最悪の元旦となりました。

しかし、世の中にはスゴイ方もお見えになるようで、岩湧山頂へ続くカヤ場の道で自転車を押しながら登っている方を見つけました。少し話しながら歩いたのですが、毎年正月はここへ登っておられるようでした。そして、今年は雪も少なくコンディションも良い方らしいです。そして、何よりの言葉は、「天気は大概良く無い」との事でした。

やはり初日の出を見るには山、雲の上に出るような標高の高い山は除く、よりは海の方が天候が安定していて良いのでしょうね。昨日のように冬型気圧配置が強まると余計にそうなのかも知れません。その上、冬に山へ登ると、暑くて寒いのがかなわん。それで無くても荷物が多い当方にはなおさらです。

来年、は海辺ですね。室戸のリベンジなのか、串本あたりにするのか…。

Body:Olympus E5
Lenz:ZUIKO ED 12-60 SWD F2.8-4.0
iso:200
ap:5.6
ss:1/60
fl:12(24)
eb:-0.49
soft:DxO Optics Pro9.0


岩湧山頂から見た河内平野チャリで来るところがすごい。直ぐ隣にテントまで張ってありました。

後日譚…。
四季彩館と言うのは岩湧の森と言う自然公園?内に設置された施設で、駐車場も岩湧森に付随する施設であり、四季彩館に付随するものでは無いのですね。キャンプ場もしかり、そのあたりの理解に勘違いがあったのが混乱した原因の様です。それと画地図は画地図。方位も反対やし、自分なりに検討して考える必要がありますな。

そう言うたら、最近、色んなところ、例えば駅構内など、で方位がバラバラ地図を見かける事が多くなりましたが、アレでエエんですかね。混乱する人が多いようにも思うんやけど。

所要時間は駐車場から岩湧寺までは約20分。そこから稜線のダイトレとの合流点まで約40分。そこから山頂まで約10分と言うところでした。

カテゴリー: 写真, 生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です