プレ桜花賞

桜花賞前日の阪神競馬場。3レース賭けて2勝1敗は超上出来。まさにビギナーズラックでした。

桜花賞前日の阪神競馬場。3レース賭けて2勝1敗は超上出来。まさにビギナーズラックでした。

4月11日の土曜日、かねてよりお誘いを受けていた競馬場へ生まれて初めて行ってきた。春の牝馬G1レース桜花賞が開催される前日である。G1レースを翌日に控え、それほど人出も無いやろうと思っていたが、なかなかそんな事も無く、阪急仁川駅前からそこそこの人出で賑わっていた。それも学生かなと思われるような若い年代の人も多く、ちょっと予想外だった。予想外と言えば、競馬所へ入ると家族連れの姿も多く、芝生にレジャーシートを敷いてピクニック感覚で遊びに来ている人たちも結構居た。

確かに、入場料は200円必要だが、芝生があってトイレもあって食べ物や飲み物も売ってるし、ゴミ箱も完備、その上、係りの人がしょっちゅう掃除して回っているのでそれなりに清潔。もうほぼ散っていたが桜も多く植えられているし、ヘタな公園や桜の名所へ行くよりお手軽に休日を過ごせる施設かも知れない。

オマケにちょいと遊びで馬券も買う事が出来る。この日も写真を撮るのを目的に来たのだが、3Rほど馬券を買ってみた。元々競馬をする習慣は無いし、以前に馬券を買ったときも適当に人に頼んで買ってもらったので買い方が良く判らない。同行の知人はかっての経験者であるが、もう十数年は競馬場へも来てないし、馬券を買ってもいないということなので、どちらもド素人同然である。結局、どのマークシートを使えば良いのか、そう記入したらエエのか解らんので昔ながら?の女性の方がいてる窓口で質問しながら購入した。また3Rのうち、1Rはマークシートで買ったのだが、なんと的中したのは窓口で購入したもの。「楽しんで下さいね」と声を掛けてもらった馬券は見事15倍ほどになった。

結果的に3Rで2勝1敗。このところ絶不調の虎とは正反対の好成績。まさにビギナーズラックと言うヤツである。それにしても、痛感したのはやっぱり貧乏人は儲からんと言う事。ドカッと元手を投入できる金持ちはリターンも大きいけど、元手が無いと15倍が当たっても知れている。最初に当たったのは5倍ほど、肌寒かったので売店で焼酎のお湯割りとツマミを食って昼食代わりに、二度目の15倍は帰りに梅田で一杯の足しにしてキレイさっぱり。(^-^)ま、楽しい一日でありました。

で、写真の方は散々な出来でした。アップしたものも等倍で見ればどこにもピンが来ていない。オートフォーカスは使えないだろうと思い、置きピンで撮影したのですが、置く位置が間違っていたという事ですね。カメラと被写体の位置関係をちゃんと考えてないとこうゆうことになる。恐らく内側のガードレール?に合わせたら丁度良かったのではなかろうか。

他にも、絞り優先がエエのかシャッター優先がエエのか…。最初は絞り優先でF値を変えていろいろ撮っていたのだが、F5位でisoオートで撮ったシャッター速度が1/400ものを液晶画面で見るとピンが合っていないだけでなく、被写体ブレを起こしているようにも見えたのでシャッター優先に切り替え、1/1000の設定で撮影したら、F9.0でisoは800になっている。個人的にはF5位で良いのでisoをもう1~2段くらい落として欲しいところなんやけどなぁ…

これに対する解はプログラムモードでプログラムシフトを使うのか、iso固定でゴソゴソやるのか、絞り優先でゴソゴソやるのか…。また機会があったらリベンジしたいところである。その前に流し撮りの練習もどっかでしとかんとあきませんなぁ…。近所のビルから電車でも撮ってみるかな。(^-^)

Body:Olympus E5
Lenz:ZUIKO ED 50-200 SWD F2.8-3.5
iso:800
ap:9.0
ss:1/1250
fl:200mm
eb:Modified


唯一ピントが来てたのはこの写真。上の写真はこれを撮ってから4コーナーの見えるところまで移動して写しました。一番奥がこのレースの一番人気ヤマイチパートナーに騎乗する武豊騎手。この日は息子さん二人も別のレースに出てました。競馬は詳しくないのでどちらの息子さんかわかりませんがパドックで撮影したものがコレ。虎の今成くんに似てますなぁ。(^-^)

カテゴリー: 写真, 生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です