千里川

滑走路へ出るANA機。

滑走路へ出るB777 StarAlliance ANA機。

中秋の名月だった先日の日曜日、飛行機を前景に名月を撮れんかなぁ…と思い、千里川へ行って来た。ここ2年ほど前から一度飛行機の写真も撮って見たいなぁと思っていたので上手く行けば一石二鳥である。果たしてその首尾は如何に…。

と言う事で例の如く某友人と我が家を14:00頃に出発。珍しくこのイベントには友人も乗り気であった。実は2ヶ月ほど前に飛行機の写真を撮りに行こかと言う話をしたときはそんな反応でも無かったのだが、どうやらその後、テレビで千里川に群れる飛行機好き?が紹介されたのを見て、乗り気になったようだ。放送のあった時にはわざわざメールで報せてくれたのだが、気づくのが遅く、残念ながら見る事は出来なかったが、もう2年ほど前から飛行機の写真を撮ってみたく、伊丹空港の飛行機撮影ポイントになりそうなとこは何処かなと言うことで地図を見ながら鑑賞ポイントとして千里川には目鼻を付けていた。

ただ、月と一緒ににとなると千里川から空港は北方向になるので、東から登る月と一緒に撮影する事は出来ない。そうなると、猪名川の土手あたりが候補地かいなと考えつつ地図を見てると、空港の西側にスカイパークなる空港を見下ろせそうな公園がある事に気づいた。ちゅうことで、夕方までは千里川で過ごし、その後スカイパークへ移動してという段取りで行く事にした。

乗り気な知人も事前にいろいろ下調べしてくれていた様で、現地周辺には駐車場が無いとの事でチャリンコを積んで来た。当方が調べた範囲ではなんとか路上駐車が出来そうだったので必要ないと思ったのだが、一応折りたたみ自転車を持ち出したはしたが、流石にカメラバッグやら三脚を持ってチャリには乗れんので、そんな状況になったらハナからスカイパークへ移動かなとの思いであった。

結果的に車は路上に駐車する事が出来たが、17:30頃になるとパトカーが来て駐車違反の取締り?を始めだした。マイクで移動を促すようなことを言うてたが、どこにも駐車禁止の標識や表示を見つけることは出来なかった。見物に来ていた人の話では10分くらいして移動しなければレッカーで引っ張っていくとの事だったが、そんな事が許されるのだろうか。道交法が変わったのかも知れないが、普通の感覚としてこの状況で駐車違反の対象になるとは法治国家とは思えない。

ま、いつの時代も庶民にとって合法的反社会的勢力もどきな一面もある官憲と言うのは厄介なものである。

ちょっと話が逸れた。現地に付いたのは15:00頃か、撮影場所の確保?に困るというほどの人出ではないものの、結構な数の見物客が集まっている。常連さん風の方から、カップル、家族連れの方まで様々である。殆どの人がカメラを持参されており、スマホから巨大なレンズを装着した一眼レフまで、ちちろん動画を撮影されている方もいる。たまたま隣で撮影されていたご夫婦の方を見ると、奥様がお使いの機材、一眼レフ2台に中型カーボン三脚、あまり詳しく無いがざっと見積もったところ100万は越えているかも知れない。

これだけの機材をお持ちなので、経験も知識もテクも豊富かと思い、飛行機の撮影など初めてなのでピントをどうしておられるのかちょっとお尋ねしたが、オートフォーカスと置きピンとケースバイケースで撮影されているようだ。当方はとりあえず、E5はオートフォーカスで飛来する飛行機と滑走路に離着陸するそれを、広角レンズのD610の方は固定フォーカスの流し撮りで頭上を通過するヤツを狙ってみることにした。露出はどちらもマニュアルでブレ対策のため速めのシャッター速度とピンボケ対策でそこそこ絞りも絞り、iso感度で光量を調整する作戦を取った。過不足はDxO頼みである。E5は12-60を付けてテレ側で手持ち撮影していたが、ちょっとモノ足りなさを感じたので50-200に交換し手持ちで撮ってみたが、やはり200mm側ではムリがあるので三脚を据えて撮ることになった。

知人も当方の小型三脚にOM-Dをセットしあれこれ弄っている。それほど撮影機会も多くないようなので、数枚撮影した後はスマホ撮影に切り替えていたようだが、おそらくカメラ自体の性能はE5より上なのでじっくり撮ったらもっとマシなのが撮れたやろうにな…と惜しい気がした。

それにしても着陸する飛行機を滑走路の数百メートル手前で見るとド迫力である。B777クラスが頭上を通過 (18mmで撮影したB767です。右下に見物人が…) するときの風圧は圧巻である。B747クラスだともっと強烈な風が吹いたのかも知れない。B747が空から姿を消してどれくらい経つのだろうか。たぶん最初に飛行機を撮影したいと思った時はまだ運行されていたはず。う~ん、残念無念である。しかしその一方で、広島空港で発生したアシアナ機のような事故が発生したら間違いなくお陀仏やろなってな事も思いながら撮影を楽しむ事が出来た。その後、月の出時刻付近になっても月が見あたらないので、夜景撮影に切り替えようかとも思ったが、思わぬ邪魔が入ったので、スカイパークへ移動し、飛行機と月の写真を撮って見たが、イメージとは程遠い残念な結果となった。

月食の時にも感じたのだが、月の移動速度はかなり速い。あっと言う間に空を登って行く。この日もスカイパークでカメラをセットし終えた頃にはかなり高度が上がっており遠近感と言うか雰囲気を出せる位置関係に両者はなかった。残念ながら次の機会を待つしか無さそうである。

ただ、全体的には思ったより良く写っていた。もっとピンボケ、ブレが多発すると思っていたがそうでもなかった。露出に関しても日が沈んでからはDxOにかなり助けられたが、それまでのものは想像したほどでもなかった。それと4/3の絞り値に対する被写界深度の深さが高く設定できないiso感度を補っているなぁ…とも感じた。

Body:Olympus E5
Lenz:ZUIKO ED 50-200 SWD F2.8-3.5
iso:200
ap:6.3
ss:1/1000
fl:200mm
soft:DxO Optics Pro9.0



オマケでスカイパークから撮影した中秋の名月 思いっきりトリミングしてます。(^o^)/。ノートリミングで撮ろうと思ったら35mm換算で800mmくらいは必要なのかな。これで換算390mmくらいです。

カテゴリー: 写真, 生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です