オウルテックメカニカルキーボード青軸

オウルテックメカニカル青軸

やっぱり念願のメカニカルキーボードは良いですな。

今のマシンを購入したのが22ケ月程前。予算の関係で安物のキーボードしか購入することができず、購入したのはワイヤレス方式でマウスも付いて確か二千円もせんかったと思う。(そう言うたらいきなり初期不良で交換してもらったな)まぁ最初から価格なりの使い心地だったが、なんとかそれなりに使ってた。それでもタイプミスは多いとは言え、ストロークが浅く、クリック感も弱いので少し横のキーに指が触れるだけで反応してしまい、ちょっと文字数をを打つとかなりストレスになっていた。その上、このところその症状が、どちらに原因があるかは別にして、一層酷くなったように感じたので、その前に使っていたロジテックのキーボードをトラックボールを持ち出し使ってみたが、やはりこちらも古いだけあってパッとしない。やっぱり、使い手に問題があるのか?などと自虐的になりつつ、先週の小豆島の釣りで切れた投げ釣り用リールのテーパーラインをアマゾンで物色していた。
そこで目に付いた安いテーパーラインを見ると、買い合わせ対象品と書いてある。そうでないものとの差は100円か200円くらいなのだが、ここでふとキーボードを思い出した。金の溜まらんヤツの行動パターンと言うのは多かれ少なかれこんなもんなのかも知れない。

適当な値段でメカニカルの良さげなものは無いかいな…と調べて、見つけたのがコレワイヤレスでないのは残念ですが、以前から散々探ワイヤレスなものを探したが見つからないので恐らく無いであろうとの結論に達していたのでポチるのにほとんど時間は掛からなかった。大きさなども気になるところではあったが、109キーのものなのでそれなりの大きさは仕方が無いと割り切り、レビューを少し見て購入決定。

そしてそれが予定より一日遅れて本日手元に到着。早速PCに繋いで使ってみると、これはもう最高の打ち心地である。スペースの関係でパームレストを付けていないので手前に少し段差が出るため、最初は少し気になったが、このヘボイ文章を打ってる間に殆ど気にならなくなった。それなりのキーストロークもあるし、メカニカルだけにクリック感もあるし、サイズ的にも思っていたよりコンパクトやし、重量もあるのでガタガタせんし、まさに言う事なし。

これを機会にかなりエエ加減になっていきているタイピングを元に戻してみようと思います。マズは姿勢ですね。モニタの正面にちゃんと座って、体の正面にキーボードをセットしてキーを押した後はホームポジションに戻ることを心がける。とは言うても早く打とうとするとついついホームポジションへの戻りがエエ加減になってしまう…。

ま、なんやかんや言いながら、暫くはキーボードを打つのが楽しみになりそうである。今より以上に下らん内容の更新が増えるかも知れない…。

後日譚

このネタには続きがある。使い始めて二日くらいしてからだろうか、会社から帰宅したら、パソコンに電源が入ったままである。モニタやチューナの電源なら入れたままで出社することもあるが、流石にパソコンは無い。なんでやろと思い、ゴソゴソやっていると、キーを押下しただけで電源が入ることに気づいた。USBのポートを変えたり、PC本体に刺したりしてみたが、改善されないので、初期不良と判断し、amzonに連絡を入れて交換してもらうことにした。

その連絡に対しamazonは症状の取次ぎもロクにせず、メーカーと直接交渉して、初期不良の認定を貰えたら交換してやると言う非常に高飛車な態度。なんのための販売店やと嫌味のメールを返した上でオウルテックのサポートに症状を書いてメールを入れると、PS2接続ならBIOSの設定でそう言う起動方法もあるが、USB接続ではその機能は使えないので初期不良の可能性が高い。直ぐに交換するのでamazonさん経由で返品処理して欲しいとの事であった。

早速、サポートからのメールをamazonに転送し、交換をお願いしたら、嫌味のメールが効いたのか、メールを送った翌日に代替品が届いた。そして、早速使って見たが…

同じ症状である。流石に2台続けて同じ症状が出るのはありえないと思い、このまま使い続ける事にした。どちらを返品するかで多少悩んだが、折角なので最初に届いた方を返品させて頂いた。オウルテックさんには迷惑を掛けることになったがご容赦願いたい。で、その後、電源断したらキーに触れない様にするとか、USBを抜くとか、PS2で繋ぐとかやってみたが、やはり使いづらい。そんな時、ふと思い立って、そんな事は無いやろと思いつつ、BIOSの設定を見てみると、USB Keybord / Remote Power Onと言う項目がある。もちろん値はDisableに設定されているのだが、これをEnableにして起動してみると…。

見事に改善されていました。どう言う事よ?

ちなみにマザーはAsrockのH87 Pro4と言うもの。BIOSのバージョンは1.60です。最近のBIOSってGUIで操作できるんですね。昔のAWardやPhoenicsの画面を見ていた爺にとっては驚きです。使い易い様で却って使い難いと感じてしまいました。

BIOSバージョン1.90USB Compatibility Patch setup option in BIOS.などとあるので更新したら何かエエ事があるのかも知れませんが、使えてるので放置してます。ただ、互換性云々なので、2.0と3.0とかそんなんちゃいますかね。

カテゴリー: 生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です