源流を訪ねて

玉串川(左)と長瀬川(右)の分流点

玉串川(左)と長瀬川(右)の分流点


午後から狐井城山古墳でも訪ねようかと思っていたが、昼食を済ませるとすでに13:30を回っていたのですっぱり諦めた。実は昨日も鳴尾浜でも覗こうかな?と思っていたのだが、洗濯したり、掃除したりしているうちに時間が過ぎ、時刻表を調べると、現地へ着くのが12:00を過ぎるみたいだったので、すっぱり諦めている。いずれも、あと1時間早ければ・・・と言うところなのだが、どちらの場合も「それほど本気ではなかった」と言う事だろう。

で、話を今日に戻すと、すっぱり諦めたものの、ゴロゴロしているのも手持ち無沙汰なので近所の玉串川の源流を辿ってみることにした。江戸時代に大和側が付け替えられるまではその支流だった川である。今は川幅も3~4mしかなく、川沿いには桜が植えられ、春には花見をする人で賑わっている。
と言う事なので、源流といっても行き着く先は大和川で、柏原付近であることは想像が付くが、桜の季節には程遠いが川沿いの風景でも楽しめたらエエでしょう。

知ったところからどんどん川沿いに走っていくと国道170号線を越える。恩智の辺りせある。小学生の頃はこのあたりまでカブトムシを獲りに良く来たものです。懐かしい~!そこからまた進んでいくと志紀に近づいている模様。そうこうするうち見たことある風景が・・・。以前行ってた散髪屋さんの近所である。おおっ、この川は玉串川やったのね。ひょっとしたら・・・と思いながら少し進むとやっぱりそうか~!ちゅうことで長瀬川と合流してました。

柏原駅南の取水口からの合流点

なので、ここからは「長瀬川の源流を訪ねる」事になるのだが、もう結果は解ってるけどその場所は見たことが無いのでどんどん走っていくと柏原駅の南端で二手に別れ、旧国道170号線と国道25号線との交差点付近で各々違う取水口につながってました。大和川側がどうなっているのか気になりましたが、そこは次回のお楽しみと言う事で本日の旅はここまで。最後に、ふたつの取水口は二番と三番となってたのですが一番はどこに有るのでしょう・・・。

第二取水口

第二取水口

第三取水口

第三取水口

カテゴリー: 生活 パーマリンク

源流を訪ねて への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 梅と天守 | ちょっと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です