佐渡へ…親不知子不知、オカマ、奄美

旧国鉄北陸線親不知トンネル。

今は遊歩道の一部として再利用されている。国道8号に面した親不知観光ホテルの脇から遊歩道が設けられている。手掘りのトンネルで天井部と壁面部でレンガの積み方が違う。

あっと言う間に夏も過ぎ去った。気が付けば今日は彼岸の入りである。数十年ぶりの佐渡行きから戻ってもう一ヶ月、まだ一ヶ月、早い様にもそうでも無い様にも感じられる。佐渡から戻って、10日余り、月末近くにキニスキー氏はスペインへ巡礼に旅立ったが当方はそれ以来ハゼ釣りに出掛けるくらいが関の山である。

スペインとハゼ釣り、それも大阪湾岸となると天と地以上の開きがあるが、悲しいかなそれが経済力の差と言うものである。その上、ちょっとした不注意と言うかどうでも良い余計なところに気を遣ったばっかりに愛機のG7Xを喪失するという大変な痛手を被ってしまった。佐渡から戻ってからはこんなところである。

小木から高速フェリーで上越港へ着いたのは16:30頃やったと思う。佐渡汽船、イロイロ物議をかもしている様ではあるがこの上越-小木ルートは二等でも指定席なので、新潟からの便に比べると運賃は少々割高ではあるが、高速代、ガソリン代を考慮したら関西方面からはお得かもと感じた。さて、この夜は往路で見かけた温泉付きの道の駅で過ごす事になっていた。ただ、それがどの辺やったかははっきりと覚えていなかったので、走りながら探すことにした。まぁ、特に何も無いところなので、見過ごすことも無いと思う。と、思う間もなくそれが現れた。10分も走ったかどうか…。場所は名立谷浜、駐車場には車中泊と思しき人たちが大勢居る。海水浴場もある様なので、そこで過ごしていた人たちも居てるのだろう。タープやテントが張られているのも見える。今夜はここにキニスキー氏ご自慢のテントを張って過ごす事にした。道の駅の飯屋で飯を食って、風呂に入って、コンビニでビールを買って三条の知人に貰った「元祖柿の種」をツマミ簡易宴会突入。これはこれで味わいのあるものである。

翌朝は日の出の頃には目が覚めたのだろうか。この時期なら5時前くらいと言うところか。昨晩はこの時期にしてはかなり寒く良く寝れなかった。今から思えばテントの出入り口を閉めるべきだった。寒さにに強いキニスキー氏は熟睡出来た様である。今年の夏は日中はそれなりに気温も上がり夏らしい日が続いたが、大阪ですら朝晩は過ごしやすい日が多かった。太平洋高気圧がサボってたのである。

この日は当方のリクエストで立山にある称名滝へ寄って帰阪する事になっている。個人的にはかねてより尋ねてみたい滝だったが、わざわざ大阪から高速ぶっ飛ばしてと言う気もあり、北陸方面へ出かけたときにでも立ち寄れればと思っていた。ちゅうことで、今回は絶妙のタイミングと思われた。

道の駅近所のコンビニで朝食を済ませ、糸魚川で往路にお世話になったスタンドで給油し、一路、称名滝へ向った。途中、親不知で旧国鉄の親不知トンネルを遊歩道に改造した施設に立ち寄った。旅人が連れていた子供がここで波にさらわれ命を落としたと話から親不知と言う地名が付いたらしいが、確かに海岸線は断崖絶壁になっており、こんなところに良く街道を作ったというか何と言うか…。ひょっとしたら海岸線そのものが街道になっていたのだろうか。そう思うと、この親不知と言う場所の持つ地政学的な観点から歴史を振り返ってみるのも面白いのでは無いかと感じた。継体天皇、上杉謙信、佐々成正、北前船…。今では北陸新幹線が飛騨山脈の北端をブチ抜いて越前と首都圏を結んでいる。こう言う科学の力と言うのもイノベーション。お陰で地元の関西圏はその負の面に晒されている様である。

Exifを見ると、ここを立ったのは8時頃かと思われる。立山ICまで高速に乗るかどうか考えたが、時間もあるし8号線をそのまま西へ向うことにした。国道そのものは広いし走りやすいのだが、信号の変るタイミングがどうもマズイ。田舎の所為かこっちが特に飛ばしているわけでは無いのだが、どうもノンビリを走る車が多くイライラが募る。それ故、思っていたより時間が掛る。国道を離れてから立山駅へ向う道は広がる風景に惹き付けられるものがあったが距離もかなりあった。称名滝へは立山駅からさらに称名川にそって上っていく。この日はそんな事は無かったが、途中にゲートがあり、そこには通行規制が掛る様な事が書いてあったと思う。恐らく上の駐車場が一杯になったらそうなるのでは無いだろうか。

駐車場へ着いたのは恐らく9時頃ではなかったかと思うが、バスや自家用車が多く駐車場もそこそこ埋まっていた様に記憶している。駐車場から滝までは徒歩で20分前後掛かったと思う。滝そのものは豪快で水量も多く迫力があったが、その豪快さ故、滝壺から100mは下流にあると思われる展望所付近でも水飛沫が強烈でレンズが直ぐに水滴だらけになる始末だった。その上、滝そのものが西向きに位置しているため強烈な逆光となり、水飛沫と相まって強烈なハレーションを起こしている。その上、観光客でごった返している…。楽しみにしていた滝だけに、非常に残念な結果にガッカリしましたが、滝そのものは豪快な滝なので、時期と時間を選んで訪れるべき滝だったと反省した次第。

滝見物の後、立山駅へ立ち寄って見たが、30年前に来た時の記憶に不備があるのかどうか判らないが当時の印象とは全く違うものになっていた。あの時は飛び込みで駅前の小さな民宿でお世話になったのだが…。この日はキニスキー氏が興味を示したので立山から大町への車の回送サービスの店へちょいと顔を出して、料金やサービスの内容を尋ねてみた。今年は10月の末まで戻って来ないのでどうしようも無いが、ちょうどこの時期か来月の初めくらいであれば、アルペンルートで紅葉を楽しめるかも知れない。

立山駅前を一路大阪へ向け出発したのは10:30頃だろうか。富山ICから高速に乗ったのだが、その手前で少し早いかなと思ったが、このままではキニスキー氏の陰謀に嵌ると思い、昼飯を取る事にした。ラーメンと焼き飯の半ちゃんセットだったのだが、相変わらずキニスキー氏は喰いすぎたとしきりにボヤていた。1)とは言え、清算時のフライドポテトはしっかり食っていた様な記憶が…。

予定では16時頃には帰れるかなと思っていたが、名神竜王付近で後続車両にオカマされるという思わぬアクシデントに見舞われ、車が走行不能っぽくなったので一時はどないなるかと案じたが、交通管理隊の方の応急処置でなんとか走行可能となり予定より遅くなったが無事帰阪する事が出来た。2)キニスキー氏も通勤に利用している車だったので、かなりホッとしている様子だった。

ちゅうことで、2016年夏の佐渡紀行が終了した。年末年始は当方の知人との奄美ツアーにキニスキー氏の闖入が確定している。チケットも宿も手配済み。さてどうなる事やら…。

Body:Nikon D610
Lenz:AF-S NIKKOR 18-35 F3.5-4.5G
iso:500
ap:5.0
ss:1/40
fl:35mm
eb:0.0
soft:DxO Optics Pro10.0

 


 

今宵の泊地を求めて。

直江津港から8号線を西へ向う。夕日がきれいでした。

簡易宴会

名立谷浜の道の駅でテントを張って宿泊。

 


イギリス積み

トンネル壁面部と天井部ではレンガの積み方にも違いがあるらしい。奥が深いぞ!

長手積み

天井部は長手積み。強度は劣るが壁厚さが調整しやすいらしい。

親不知

この海岸線が街道だったのだろうか。この日のこの時刻であれば、中潮で上げ五分と言うところ。

後ろからドン

渋滞でトロトロ走っていたら急にドンと・・・。

References   [ + ]

1. とは言え、清算時のフライドポテトはしっかり食っていた様な記憶が…。
2. キニスキー氏も通勤に利用している車だったので、かなりホッとしている様子だった。
カテゴリー: 旅行, 生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です