頑張れ、若トラ!2

まずまずのスィングと思うのですが・・・

上は寂しい成績ながらなんとか燕と首位争いを行っている。26日も逆転勝利しゲーム差を4.5と射程圏内に捕らえつつある。そんなゲームを見に行ければ良いのだが、お金も無いし。写真と撮るにも機材が不十分やし…と言うことでやっぱり鳴尾浜に落ち着いた。再来週も観戦予定なので、ここの次回の更新は頑張れ、若トラ!3になる可能性が高い。笑

で、前回は待ち合わせ時間が10:00と少し早すぎたので今回は11:00に武庫川団地前に集合した。となりのスーパーで食料品をゲットし、球場へ着くと結構人が入っている。一番上段の通路よりに陣取りたかったのだがそんな余裕もなく、一塁側、なぜかここは一塁側がビジターになっている。のほぼ中段に席を確保した。今回も対戦相手はドラゴンズ。両チームのスタメンを見ると、タイガースではは林、葛城、桜井など一軍半のような面子が顔を揃える。ドラゴンズも井端、ブランコ、堂上などタイガースの負けない豪華メンバー。その上先発は山井ちゅうんやから…。

ま、タイガースの先発も杉山ちゅうことなんである意味、山井以上に…な感じがしないでもない。その上、トップに起用されてるのが桜井ちゅうのもこれまた…。ファームの場合は打順など関係ないのかどうかワカランけど、どんな意図があって桜井が先頭打者なのかわかりません。田上あたりは使えないのでしょうか。まだ桜井やったらアンパンマン野原の方がエエような気もするし。

ゲームの方は杉山くんが相変わらず。もはや彼に期待してるファンは居てないと思うけど、制球が定まらず走者を出しまくりのヨレヨレな投球内容。3回終了時点で軽く一時間を越えていました。もちろんタイガースの守備時間がその7割近くであったことは言うまでも有りません。ゲームの方はドラゴンズに0-3とリードされて迎えた6回裏に橋本良平が左中間へ一発を放り込み、反撃開始かと期待したが、そのまま尻すぼみに終わり、8回に雨が降り出したので退散しました。

今回、写真の方は初めてシャッター優先、1/800で撮影して見ました。iso感度はオートに設定しました。絞り値とiso感度をどういう組み合わせでコントロールしてくれるのか興味がありましたが、出来るだけiso感度を上げない方向でコントロールしているような印象を持ちました。お陰で絞り値が3.5前後になるものが多く、シャープさに不満の残るショットを量産してしまいました。特に周辺部はボケボケで…。SHGレンズが必要なのか、オリでは限界なのか…。やはり5.6以上には絞って撮影したいと言うのが正直なところです。isoだけオートで、絞りとシャッター速度をマニュアルで設定したらそれに有ったisoでシャッターが切れるのだろうか?

写真は一発を放った橋本選手。残念ながらその時のショットではありませんが…。そうそう、打者を撮影したショットではそこそこの絞り値が使われているのに投手を撮影したショットはほとんどが3.5前後だった。ユニフォームの白とグランドのコントラストなどが影響しているのかも知れない。測光方式を変えてみる価値もあるかもですな。

Body:Olympus E5
Lenz:ZUIKO ED 50-200 SWD F2.8-3.5
iso:200
ap:5.0
ss:1/800
fl:130mm
eb:0.0
中央重点平均測光

カテゴリー: 写真, 生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です