今年の紅葉も…

石山寺の紅葉

なんとか見れた今年の紅葉

あちこちに書いてるけど、今年は予定を入れた週末が悉く悪天候に見舞われ、日頃の行いの悪さを再認識させられた。その経験から予定の入っている12月3日の天候が11月26日の週間予報を見ると悪かったので、快晴との予報が出ていた昨日に予定を繰り上げた。ところがどっこい、「どこが快晴やねん」と言う基本曇天ベースに時々日が差す程度の準悪天候。ほんまに今年は悉くである。と、ボヤいてばっかりでも仕方ないので適当にシャッターを押してきましたが、写真は春先に落語会のついでに訪れた石山寺。その時にいろはもみじの新緑の美しさに「これは秋は紅葉が綺麗やろなぁ」と秋が来るのを楽しみにしていたのですが、ちょっとタイミングが遅かったのでしょうか?結構葉が落ちていて思ったほどではありませんでした。それに多宝塔の屋根を葺き替えている最中で、覆いがされていたのにはかなりガッカリしました。ちょっとくらいは入山料を割り引いて欲しいものです。

この日は、友人の西国三十三箇所巡りの付き合いで大津周辺のお寺を訪ねたのですが、どこも紅葉は思ったほどでは有りませんでした。もっとも、天気がよく日差しがあればもっと印象は変わっいたと思います。特に最後の訪れた西京区の善峯寺はもっと素晴らしかったと思います。こちらのお寺は境内に枝垂桜があったりしたので、春も楽しめそうです。天気の良い日の朝から午前中にかけてたずねると東からの太陽の照らされて綺麗かもです。石山寺ももう一週間ほど早く来れたらよかったかも知れません。ただ、19日も雨やったですけどね。笑

そんな訳?で、なんとか今年の紅葉をE5で撮影することができました。E5を手に入れてから丁度一年余り。考えたら昨年も西国三十三箇所巡りに付き合って今熊野を訪ねて紅葉を撮影したのがデビュー戦やったような気がします。一年かけて学んだことは何なんでしょう?強いて言えば、低感度で撮る事へのこだわりを捨てiso400、場合によっては800くらいまで上げても状況によっては少々絞り込んで撮れるようになった事くらいですかね。それと、ほんの少しは目が肥えたくらいかも知れません。そう言う目でE5の出す絵を見ると、ちょっと気になる点も有りますがシャープな絵だと思います。レンズもあわせたトータルで考えると貧乏人向けのハイコスパなカメラだと感じています。なんといってもマイナーなところが性にあってます。

それにしてもオリンパスさん大変ですな。この先メンテナンス大丈夫やろか?

Body:Olympus E5
Lenz:ZUIKO ED 12-60 SWD F2.8-4.0
iso:400
ap:4.0
ss:1/320
fl:17mm
eb:+0.5

カテゴリー: 写真 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です