赤川仮橋

百済から吹田へ。13:00百済発

動き物は難しいなぁ

2~3週間くらい前であろうか、ネットサーフィンしていると鉄道と歩道が併設されている橋が大阪にあるとの情報を目にした。それも今年の秋頃には現在貨物線として利用されている単線の城東貨物線を複線化するのに伴い歩道部が撤去されるらしい。これは大阪府民として一回現物を見ておく必要があると思い、丁度、梅田へ出る用事のあった本日、2月2日に得意の「ついで」訪問することにした。ところが予報を見ると、ここ数週間好天が続いた週末土曜日もこんな時に限って天候に恵まれない。

ちなみに来週も予定があるのだが、週間予報を見ると曇りに雪との事。これまた山越え?するので雪でも積もったら…。どうも相当日頃の行いが悪いんでしょうな。

で、今日も8時頃に起きたのだが昨夜から雨が降り出した雨は上がっており、降り出す気配は無いものの西の空をると青空はそのかけらもなくどんよりしている。まぁ雨が降るらんかったらエエんやけど、太陽が出ていないとどうも気が乗らない。気温的には季節外れの16度くらいまで上昇すると言う抜群のコンディションだけになんとかお日様にお出まし願いたいところである。

それから、ごそごそ所用を済ませ家を出る10時頃になると急に外が明るくなってきた。オオッこれはお日様ではありませんか!ちゅうことでバタバタとバッグにカメラと予備バッテリー、モバイルセットなどを突っ込み、いざ出撃。

11時から1時間とすこしばかり、某金融機関主催のセミナーを拝聴し少しばかり賢くなったところで阪急電車に乗り込み赤川仮橋へ。最短コースなら淡路下車なのだが、土地感が無いので崇禅寺で降りて淀川へ出て堤防の上を昼食のアンパンをかじりながらぼつぼつ上流へ歩く。対岸の都島区?側には話題の桜ノ宮高校も見える。さらに200mくらい上流へ歩くと赤川仮橋に着く。

着いたの丁度13時頃だったと思う。ネットで仕入れた情報によると百済13:00発の吹田行きがあるようなので、運が良ければ、と言うのは休日運休との表記があったので土曜日はどちらかな?と、カメラの設定をしているうちに良い頃合となりそうである。基本的に動き物は撮らないと言うか撮れないので、どう撮ったら良いのか解らない。

ひとまず、手ぶれが怖いのでシャッター優先で1/800くらいを目処にそこそこ被写界深度も取れるようにと言うことでisoは320にセット。フォーカスは置きピンで行くと決め、橋の中ほどで列車が来るのを待機。で撮れたのが掲載している写真。なんとか手ぶれも無く、ピントも来ているがピンを置く位置が遠すぎた。かなりトリミングしてこのサイズですから、やっぱりレンズは50-200を持ち出すべきだったかも知れませんな。

初めて列車の写真を撮ってみましたがとりあえずピンボケなく、手ぶれなく撮れたのが収穫かと思います。また機会を見つけて挑戦したいと思います。

カテゴリー: 写真 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です