桜と冢

国府八幡神社の桜と市野山古墳陪冢

国府八幡神社の桜と市野山古墳陪冢
電線レタッチしまくりです。広角歪も修正してます。笑

昨日は花見に行って来た。今年は3月に入っても寒い日が多く、桜の開花も例年より遅れるやろうなと踏んでいたら、先週あたりから急激に暖かくなり、京阪神の平野部では恐らく昨日あたりに満開になったところが多かったと思う。出来れば、京都辺りへ繰り出したいところだったが、夕刻から予定があったのと、資産バブルに潤う同行者が当方の高血圧を慮り運動を兼ねてチャリンコで行ける範囲と言うことで、道明寺天満宮へ出かけることになった。道明寺天満宮と言えば菅原道真さん。道真さんといえば梅。なので、桜とはちと愕き?ではあったが、webで調べると200本近い桜があるとの事。ま、天満宮がハズレてもこの時期はそこらへんに桜が咲いているやろうから、適当にグルグル回れば良いか…。

ところが、チャリンコで出かけようと言い出した本人がチャリンコを持っていないとの事。果たして、チャリと徒歩でグルグルなどと言うことが可能なのか?かなり疑問に思ったが、やってみんとワカランと思い、集合場所の道明寺天満宮へ。途中、允恭天皇陵に比定されている市野山古墳の陪冢に立ち寄り現地に着いたのは予定通り、出発の約1時間後。合流して天満宮へ行ってみたが…。確かに桜が咲いてるけどその殆どが駐車場?に咲いているような感じ。桜を愛でると言う雰囲気でもなく、写真でも撮ろかと言う雰囲気でもない。早々に退散してお隣の道明寺へ。門前に綺麗な枝垂桜が3本ほどあったので、マクロレンズに付け替え、接写に挑戦してみたが、枝垂桜だけに僅かな風で被写体ブレが激しく話しにならず。山門をバックに数回シャッターを押してこちらも退散。次は何処へと言うことになり、玉手山へ行ってみよう、と言うことになり、徒歩ではなくバイクで来た知人とは石川橋の東詰めで落ち合うことにし、道明寺を後にしたが、結局落ち合えず、それなら高井田横穴公園にでも行けば桜があるかと思い、JR高井田駅に落ち合う場所を変更し、訪ねてみたが全くの期待はずれ。

展望台から見ると、国分駅前のスーパーが見えたのと時間的にも昼前頃だったので、スーパーで弁当でも買って、大和川土手の桜の下で昼飯を取ることとなった。

ちゅうわけで、結果的に桜を見て、弁当を食べると言う点ではマズマズだったのかも知れませんが、桜とカメラと言う点では大失敗に終わりました。近年に無く好天と満開の桜がドンピシャだっただけに非常に残念でした。帰りに先週下見に行った玉串川へ寄ってみましたが、こちらも満開で見物人で一杯でした。写真でもと思いましたが、人出が多すぎたのと、太陽の位置が悪かったので眺めるだけに留めました。

Body:Olympus E5
Lenz:ZUIKO ED 12-60 SWD F2.8-4.0
iso:100
ap:7.1
ss:1/400
fl:14mm
eb:0.0
soft:DxO ViewPoint

カテゴリー: 写真, 歴史, 生活 パーマリンク

桜と冢 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: クリムゾンキングの宮殿 | ちょっと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です