石鎚アタック

石鎚山山頂神社

天狗岳から望む石鎚山山頂神社 思いっきりトリミングしてます

今年の盆休みは友人のお誘いを受け、久々に豪勢に過ごすことにした。ところがその友人は株価暴落の2013年5月にアベノミクスのお陰で100万円超の為替差益を得たとのこと。年収ベースでは昨年比減収間違いない当方の状況を鑑みるに、はたしてそんな金持ちにそそのかされ、資金と体力をホイホイ浪費していて良いのだろうか。哀
と言うことで、ここ数年泊まりで出かけるなどと言う暴挙は謹んでいたのだが、今回はその禁を解き、石鎚から四万十方面へ二泊三日で出かけた。10日の夜に出発し、11日は石鎚アタックの後、山頂成就泊、翌日は四万十川沿いに中村へ移動。中村で山海の幸を堪能し、翌日に帰阪という日程。

石鎚山へは山麓下谷から山頂成就まではロープウェイを利用、そこからとぼとぼと歩きで石鎚山頂を目指すことになっている。同行者四国八十八箇所巡りの最中に全くの徒歩で全ての鎖道を利用して石鎚と天狗へ登頂したドM野郎。寒いのとしんどいのは嫌いな当方の一存で今回はロープウェイ利用と鎖道なしが石鎚アタックの参加最低条件となった。そんな当方に最初に襲い掛かったのがアブの群れ。山麓下谷で車の中に数匹入ってきたアブを追い出すために車外に出ると、そこら中アブだらけであっと言う間にあちこち噛まれまくり、とりあえず、車内に侵入したアブを退治するのに駐車場のオヤジが殺虫剤のスプレーを借してくれたので吹きまくっては見たが…。結局、山頂成就でもアブに悩まされ両足を中心に十数か所に真っ赤になった跡が今でもくっきり残っている。

そんなアブの洗礼から逃れるためにもとっとと登ってしまおうと、山頂成就を出発したのが8:00頃。Gekoのトラックと撮影した写真のExifを付き合わせると8:00:23であった。

スタート地点から距離にして800mほど来た地点にある遥拝の鳥居。山頂に石鎚神社にお参りしない人はここからお参りしてねとの事。当然、ここはどんどん進む。

八丁坂の底付近から見た石鎚山頂上。中央に見えるのが石鎚神社頂上山荘、その左隣のピークが弥山、もうひとつ左が天狗岳と思う。戸隠の奥社から見た戸隠山を思い出させるこの風景を見た瞬間、不覚にも遠いなぁと思わずキレイやなぁと思ってしまった。出発地点からこの付近まで一旦下った登山道もここからいよいよ登り道となる。

2kmほどのところにある試しの鎖。この鎖道を試してパスしたら残りの鎖道も難なくクリアできると言うことなのか?尻目に殺してどんどん登る。少し登ると試しの鎖の下りルートが一望できる。怖い怖い。

夜明峠を少し過ぎたところから望む山頂。スタートから2.5km程度か。このあたりから山頂までは急坂となり階段が多くなる。登山道を管理されている石鎚神社本庁とボランティアの皆様へは感謝の限りである。

先ほどの地点から200~300mほど進むと石鎚スカイラインから伸びる土小屋コースとの合流点に出る。国土地理院の地図を見ると二ノ鎖元小屋とある。合流点にある鳥居越しに見る天狗岳

ほぼゴール手前の2.8km付近。山頂成就が尾根伝いに見える。恐らく尾根筋を歩いてきたのだろう。この辺りに山頂まで0.5kmの標識を見かけたが、どう考えても0.2kmくらいの間違いだと思う。何も知らずに登っていく分にはうれしい誤算となるかも知れない。

石鎚山山頂神社。お賽銭は大奮発の100円。通常の10倍と言う高額である。隣?の社でも100円を奮発したので都合200円。太っ腹でんなぁ。

と言うことで所要時間は約2時間。社へはしばし休憩してから上がったので、同行者の計測によると1時間58分くらいやったらしい。大体3時間から3.5時間が相場と言うことなのでヘタレな年寄りとしては上出来だったようだ。山麓下谷駅で出会った頂上でキャンプすると言う広島からの猛者に短パン、半そで、スリッパと言う平地スタイルで登山可能かどうかを確認し、「行けるでしょう」とのアドバイスを貰ったとは言え、周りを見るとそれらしい格好の方ばかり…。なんと言いますか…。

この後、隣の天狗岳、こちらの方が標高が10mほど高いらしい、まで恐々移動、西日本最高峰を見事制覇しました。被写体は同行者。

帰路は約1時間45分程度だったとの事なので、往復3時間45分。山頂成就に戻り、宿のチェックインまで缶ビールを飲み昼寝して過ごしました。

Body:Olympus E5
Lenz:ZUIKO ED 12-60 SWD F2.8-4.0
iso:100
ap:6.3
ss:1/500
fl:21mm
eb:0.0
soft:DxO Optics Pro8.3

カテゴリー: 写真, 生活 パーマリンク

石鎚アタック への2件のフィードバック

  1. バブル似非 のコメント:

    いつも出兵は連戦連敗でしかも惨敗続きですが、この戦は善戦の末、痛み分けといったところか?来年は何処へ出兵します?

  2. admin のコメント:

    西日本一を制覇したんやからどこでOKやろ。と言いたいところやけど、実際に登った標高差は600mほどやからな。適当にエエとこ探しといて下さい。

    来年といわず来月末あたり御在所でもエエで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です