ある蜥蜴の死

日干しトカゲ

植木に水をやろうとしたらバケツの底に…

今朝、朝食を済ませ、自室に戻りベランダの植木に水をやるため水道栓からバケツに水を入れようとしたらバケツの底に干からびたトカゲが居た。なんでこんなとこに干からびたトカゲが居てるのか?15日の朝、湯原へ出かける前にも植木に水をやったハズだが、その時にはバケツには何も入っていなかった。もし、15日に植木に水をやっていなかったとしても14日の朝にやってるのは間違い無い。触った感じではかなり乾燥しているようなのだが、果たして2~3日でここまでカラカラになるのだろうか?そんな事より、そもそも、このトカゲは何処からやって来たのだろうか。

1.5畳くらいのベランダに直径20~30cmの植木鉢が二つにエアコンの室外機があり、バケツはそのどれともほぼ独立して存在する。もちろん建屋の外壁とも接していない。一つの植木鉢から伸びた雑草のツルの一部が辛うじてバケツの端っこに達しているくらいである。このトカゲは植木鉢からそのツルを渡ってバケツにやって来たのだろうか。

仮に、そのツル伝いにやって来たとしてベランダにはどこからやって来たのか?まさか雨どいや建屋の外壁伝いにやって来たとも思えない。もし、そんなところからやって来たとすれば、バケツの底で干からびるハズが無い。そもそも、家の周辺でトカゲなどとんと見かけた事が無い。数年前までは我が家にも3畳くらいの裏庭があり、鉢植えから移植?した木が数本あり、セミの抜け殻なども見ることが出来たが、今やコンクリで固められ「土の見える地面」など我が家の敷地にはどこにも存在しない。そんな環境にトカゲなど存在するとも思えんし…。

では、ご近所はどうなのか?窓から頭を出して見渡すと、向かいとはす向かいのお宅には前庭に植木が植わっている。その隣は更地になった部分がある。同じ並びの3軒ほど隣にも前庭がある。こうしてみれば、トカゲが生息できそうな環境も無いことは無い。果たしてではこのトカゲはどこから来たのだろうか。

Body:Olympus E5
Lenz:ZUIKO ED 12-60 SWD F2.8-4.0
iso:100
ap:4.0
ss:1/800
fl:60mm
eb:+1.2
soft:DxO Optics Pro8.3

カテゴリー: 生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です