桜散りて・・・

2014年の狛虎

2014年の狛虎。呉とゴメスが加入、ガオッーと何回吼える事が出来るかな

ソメイヨシノはすっかり散り、八重など一部の桜がほんの少し残っている程度になりました。まだまだ寒暖の差が大きい日もありますが、日中は初夏を思わせるような日差しの日もちらほら…。ボチボチ釣りの季節も始まるなぁ…と言うのがここ数年だったのですが、今年は肩を手術した事もあり、手漕ぎボートでの釣行はムリっぽいです。先日も手術後2ヶ月の検診があり、主治医の先生からは3ヶ月経過したくらいの状態ですとうれしい話を頂いたのですが、ボートを漕ぐどころか、まだまだ肩に負荷を掛けてはいけない、腕の自重だけでも…と言われてしまいました。

手術部の経過に関しては順調の様ですが、手術した肩の機能の方はせっせとリハビリに通ってはいるのですが、なかなか思うように調子が上がって来ません。自分ではそこそこのような気がしても、鏡を見ながら運動などすると、やはり手術した肩の動きは不自然やし、リハビリの先生からも一部の動きについては「もうちょっと動いて欲しい」等と指摘されております。

今回が初めての手術だったので、一般的にどうなのか判りませんが、手術が済んだら直っていると思っていただけに、気分的にも経済的にも辛いものがあります。(ToT)

最初に書いたように、今年は釣りにも行けそうにないので休みの日は家でゴロゴロしているのが医療費で大きな出費を強いられた財布にも優しいし、健康と言うか手術した肩にとっては無難なのかも知れません。と言うことで、今日はリハビリの帰りに病院の近所にある大江神社へ狛虎を見に行って来ました。狛虎と言うだけあって、阪神タイガースを祭った?神域が神社の南西部に有ります。過去に二度ほど訪ねた事があるのですが、地下鉄四天王寺前夕陽丘辺りの谷町筋を少し西へ入ったところにあります。丁度、上町台地の西端に位置し、神社のすぐ西側から松屋町筋にかけて結構急な坂になっています。夕日の綺麗な時にきたらエエかも知れません。

今年は守護神に呉が入団したり、野手では長距離砲のゴメスを獲得したりと動きがあったので、なんかその辺りのグッズと言うかなんと言うか、そんなもんがお供えしてあるかとも思ったのですが、特に見当たりませんでした。和田虎では期待できんと言う事なのでしょうか…。
今のところ、なんとかAクラスで上位に喰らいついてますが、先発の枚数が不足しているだけに厳しい戦いが予想されます。

と言うことで今日もD610とTAMRON SP のペアです。肩的には純正の18-35の方が楽で良いのですが、なんとなくオールドレンズが楽しくって…。とは言え、マニュアルフォーカスなので、老眼は当然として、視力そのものが低下した事もありピンのぼけた写真を量産するばっかりで…(>_<) どっかに、親父の50mmニッコールが有ったと思うので探してみるべし。ただ、連動ピン付きやったのでマニュアルを見る限りD610では使えんのとちゃうやろか。 Body:Nikon D610 Lenz:TAMRON ADPTALL2 SP 28-135 F4.0-4.5 iso:200 ap:4.0 ss:1/1000 fl:unknown eb:0.3 soft:DxO Optics Pro9.0

カテゴリー: 写真, 生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です